創業融資と呼び方はカッコイイですが、簡単に言えば「起業する人が借金をすること」です。中には事業(経営)や運営したい業種の経験自体をした事が無い方もいるかと思います。

このような状況で銀行等の金融機関に突然「お金を貸してください」と言って貸してくれる金融機関はないと思います。これは当然のことです。なぜなら「信頼」「信用」が無いからです。お金を貸しても返済する可能性が低いからです。

しかし、事業をスタートしたい(借金をしたい)人は融資を受けないと事業をする事もできません。

そこで融資(借金)をするために必要となるのが「事業計画書」です。つまり、始めようとする事業が成功するための「設計図」のようなものです。

ここでは事業計画書を作成前に「なぜ必要なのか」「何に気をつけなければならないのか」について説明します。

事業計画書はなぜ必要なのか?

創業融資を受けようとする人が最初に関門となるのが「事業計画書(創業融資)の作成」です。

そもそも創業融資とは事業の経験がなく、「ゼロ」からのスタートで「事績」がなく金融機関も審査する材料が無い状態で審査します。つまり信用、信頼が無いということです。

そのため事業計画書を作成するときに大切なのが、いかにして「信頼」を得るかがです。

現在、政府系金融機関や制度融資の中にはいくつもの融資のメニューがありますが、その中でも特に創業系の融資では「創業計画書」の提出が必須とされています。

となると、創業関連以外の融資では事業計画が不要かといえば、そんなことはありません。

最近では、満足のいく融資を受けるためには融資の種類を問わず、「事業計画書」の作成が欠かせないものとなっており、その重要性は日増しに高まっています。

特に創業者については、まだ実績がなく、唯一あるものとえば今後の事業計画の見通し(計画)だけであるため、金融機関からみれば、「事業計画書」は最も重要な貸出の根拠となります。

このように計画書の作成は、事業者の資金調達に欠かせないものであることから、その内容のでき、不出来は融資の結果にも当然大きく影響することになります。

上手に書くよりも、まずは敵を知る

これまで、金融の知識や経験がなく、また、このような書類の作成をしたことのない人が、いきなり「金融機関が満足するものを作れ」といわれてもそれは難しい事だと思います。

なぜなら事業計画書はただ単に書類の空欄を埋めればよいというものではなく、無地の白い紙にゼロから理想像を描くようなものだからです。「将来の事業への創造性」とその創造性がより「現実的」であること必要という事です。

この計画がうまく描ければ、金融機関を納得させ、かつ融資を引き出すことができます。

事業計画をうまく(納得させる)書くために、文章の書き方の上手下手はともかく「金融機関は事業計画書に何を求めているのか?(つまりは融資審査のポイント)」を知っておく必要があります。

そして、このポイントを知っているか否かで大きく結果が異なることになります。つまり「敵(金融機関)を知れば百戦う危うからず」ということです。

お気軽にお問い合わせください。022-382-8723受付時間 9:00-18:00 [ 年中無休 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。